天然人妻×うさみみ魔人

あはー、台風で試験延期かy
コンニチワ、ファビ兎でs。
最近やっとある程度気力(食欲等含)が戻ってきました。ご心配をおかけしましたー。
でも、日記を次の日に回してる奴(ぁ
昨日の午前中、微妙に時間のあった小夜さんとニブルにデートすることになりましたっ。




彼女の旦那様の焔さんもたいした実力のあるアサであり、プリでもあります。焔さんの支援は2回ほど受けましたが、彼のプリのランクは、最高Sから順次A・B・C…と下げていくとすると、A+ランクと言っても過言ではないレベルです。ステが人を選ぶI>Dであるためこのように評価しましたがパイロット性能だけ見ればツナ㌧あたりにも引けをとらない、Sランクプレイヤーでしょう。

そんな人のお嫁さんの実力は果たしてどれほどのものなのか。小夜さんが天然ぽけぽけで可愛いからというのもあるけど(ぁ)前々から一度ペアしてみたかったので、良い機会でした。

(A)ぱっと見てまず気付いたのは、出会い頭に必ずDSを入れること。かつ、スティをした後ももう一度DSを入れること。逆に言えばこれはほぼ確実にプリがLAを入れられるであろう局面であるがゆえに、高速殲滅のためにこのようにしているのだということです。
早速その辺を突っ込んでみると、やっぱり普段からそのように狩をしているとのこと。なので、彼女に合わせることに。共闘は極力HLでいれ(殲滅補助の意味合いもある)、場合によっては打撃、被ダメで共闘を済ませたり。(複数いる場合はあらかじめ全てにLAを入れ、かつカースブレスをかけておく)

また、ジビット・ハイローにはDSはさっぱり入れてないので、ここは打撃で殴りつつ共闘をいれ、その間にマニをかけなおしたりしてました。ただ、デュラハンにはDSを入れてましたが、ここはLAをいれずにヒール砲。

旦那様がI>Dであるためおそらく彼女が先行しているであろうと考えその辺についても聞いてみるとやはり予想通り。なので、彼女のやりやすいように先行してもらうことにしました。

しかし、(A)段落の内容をしっかりやろうとすると、グロ・マニ・IMは交戦中(および交戦直前)にかけることはほぼ不可能であると理解。かといってファビの性能では移動中にかけるとなると、持続時間的にぎりぎりになることが多いのですね…(ファビはグロ・IMともに3)
また、LAのディレイなどを考え合わせると、カースブレスを入れる間も、追記すればその必要もほとんどなくなります。なので、カースブレスは削除。まあ、そりゃLADSでロリルリに6k、マーダーに5k入ればそりゃ十分だわ…

d0045974_1495912.jpg


小夜さんのあまりの強さに、私も久々に本気にならざるを得ませんでした。最近ではもはや燃え尽きた隠居プレイヤー状態の私では、本気モードになると精神的に長く持続しません。結構ばてばてになります。それでも、彼女の支援してるのがすごく楽しかったですね。

結果、最初の1時間では、時給はおそらく800k~900k出ていたものと思われます。
ただその後、さすがに彼女のSPが尽きた&雑談モードに入っていたので、最終的には700k~800k程度でしょうか。1時間ちょっとで黒猫17個。彼女に言わせれば少ないそうです…

この狩をガンダムネタに例えると、ガンダムWではじめてトールギスに乗ったゼクスの気持ちってこんなもんなんだろうなーということですね。
私とてエースパイロットというか、それなりに上位支援(自己評価はAランク)である自信はあるけれど、確かに今回がはじめてではあったけど、ファビの性能が小夜さんについていけないと思うので、小夜さんを100%満足させてあげるのは難しいなと。
狩終わった後、彼女と長くお話していて、私の支援を上手で人に合わせるのがすごいと言ってくれたけれど、昔のプリってのはそんなもんだった&私のROでのモットーは変幻自在ですよと。

私から彼女に指摘した点は
①デュラハンはプリにお任せすること。特化がきかない以上DSをうっても損だし、通常ならヒール砲5,6発で落ちるし、彼女の旦那様ならTUで片付ける。ペアの相手は『信頼』しよう。ということ。

②今回はペア相手が私だったので、ファビにマーダーが3匹張り付いた程度であわてないこと。
SBのスタンはファビにはあまり影響ないし、マーダーの攻撃力程度では死なない。旦那様の場合なら罠を使うなどする必要はあるだろうけど、私の場合では必要ない。
この局面がどんな場面だったかというと、彼女と私合わせてブラッディマーダーが5匹ぐらいいたわけです。彼女は青使ってまでDSを撃っていたけれど、実際硬いから鷹併用の通常打撃でも問題ないわけで。経費は無駄につかわなーい。

③自分のタゲを優先すること。今回のケースでは、デュラハン2とハイローとかその辺、下手するとさらに+αが小夜さんに張り付いていて、私にもマーダー・ロリルリ・他もろもろが張り付いていました。
判断した結果、私は敵がうざかったので小夜さんに張り付いている敵にサンク砲をぶっ放しました。彼女の回復や、こっちに持ってこれそうなタゲの引き受けも狙っていましたが。
中規模のMHぐらいではさして怖くないので、そのようにしたわけですが驚いたのか彼女は私のタゲのほうに狙いを集中。その間にデュラハンの必中攻撃で徐々に削られていく小夜さん。
AGIにとって必中攻撃は痛いので、先にそっちから沈めてほしかったんですけどねぇ。
実際HPゲージが危なかったこともあったし。

と、こんなところ。
申し分ない腕とキャラ性能を持ち合わせているので、もう少し判断基準を変えたら彼女は間違いなくSesトップクラスのハンターになれそうですね。私の支援じゃちょっと申し訳ないかなw
もうひとつお願いするなら、相手に気付かせないペースの手加減とかもしてほしかったかもw 本気で支援できたのはうれしかったけど、ちょっぴり疲れましたw
[PR]
by silver-dream | 2005-07-26 14:29 | RO
<< 珍しく混んでた秋葉セガ 運剣二刀をやってみた。 >>