すっかり忘れてた

今度の日曜日は衆議院選挙ですねぇ。
どうでもいいかと思っていたら、すっかり忘れていたことについて大事な選挙であるということを思い出しましたw

郵政なんてどうでもいいです。
人権擁護法案の賛否のほうがよっぽど気になる。




リンクを張っておきます
ここを見たほうが早いので。

言葉狩りよりひどい憲法違反、表現の自由を剥奪するような法案。
その法文はきわめてあいまいであり、恣意的な解釈が可能。そんなものが法務省の外局に作られて、まるで特別警察のように表現その他を取り締まるようなことがあったら何もできなくなる。

当然、ゲームだの漫画だのの業界も、一気に危険になるでしょうね。

実は数年前にもこの法案が議題に上がり、マスメディアを中心として世論が形成され廃案になりました。
それならなぜ今危険なのか、ということですが、マスコミが報じないうちに、水面下で動いているから危険なのです。
人間の情報源ってメディアがほとんどですからねぇ。

民主主義国家であるはずの国が言論の自由を奪う真似をするなんてことは、言語道断という域を超えてありえない。そんなもの民主主義国家じゃない。
リンクを張ったサイトの一文を読むに、どうもこれは独裁国家への序曲のような気がする。言論の自由を規制して、メディアを通して国民を意のままに操ればそれは独裁へつながる。

一人のコミケヲタとして単にこんな法案があってはならない、というのが関心を持ったはじめでしたが、突き詰めていくとあきれかえるばかり。

人権を守るんだ、そう謳えばそれは心地よく聞こえる。
かつて明治憲法その他近代法が制定されたとき、人々はお祭り騒ぎの類だとしか、思わなかったらしい。多くの有志による草案や、初期の案が修正され、あのようになったにもかかわらず。
人権擁護法案などという名をかたるから危険性を認識されづらい。これは日本国独裁法案だと言うほうが本質にあっている気がする。
まして、この法を運用する人権擁護委員の活動は公表されない。そして、名ばかり人権擁護といい、言論の自由を奪う…それでいいのか。

地元の立候補者にメールで問い合わせることにしました。まだレスは着てないけど…
ただひとつわかっているのは、民主党はマニフェストに人権擁護法案を通す、と明記しているらしいということです。(マニフェスト政策各論、法務・人権の項目第7項参照)


こんな法案が提出される地点で終わってる気がするけど。
ともあれ今回の郵政解散が、せっかくの国会議員選挙のチャンスなんだ、ということです。
しょうもないところがピックアップされてて大事なことをすっかり忘れていました。



>猫さん
あれか、玄田さんってことはあれか。
『悲しいけど、これ、GvG(戦争)なのよねっ!』って言いながら特攻してくれるんですねw
まあ、もともと猫さんはスレッガーさんのイメージがががw


>電2たん
thx、それだけわかればありがたい。
多分、どの鯖もあまり変わらないんだろうなぁ。
その規模の大小の差でしょう。
でも、本業がWIZだから重いところは苦手かもw

ただ、人が多いとはいえ、同時に歴史も長い、とも思っています。
[PR]
by silver-dream | 2005-09-06 19:26 | 雑記
<< 永遠の輝き。 続・東方語り >>