永遠の輝き。

たとえどれほど強い悪魔が、どれほど強い邪悪な心をもってしても。
決して人の中にある善は、完全に無にすることはできない。

そんな物語があったような気がする。
そしてそれは真実だと思う。

どれほど汚れにまみれてしまっても。
決して人の心の中からは消えないものがある。

オルゴールはさび付いても、手入れをしてやればまた奏でる。
心の片隅に追いやってしまった大切なものや
忘れえぬ大事な気持ちを。



A will

そう題されたフラッシュです。
感動して涙が出ました、なんてそれだけで片付けられなかった。

作中出てくる台詞ですが。
『よく、リアルとROっていうけどさ。
何が違うんだろうね。
俺ん中じゃ気持ちはいつだって、リアルだよ』

今度書こうと思っていたブログのネタにも通じるところがある。

ROは仮想世界。その中で使われる『リアル』という言葉は、『現実世界』として使われることが多い。

けどこの場合の『リアル』は違う。


『真剣』の意だ。


遊ぶことに、夢中だからこそ、真剣に取り組める。そういうことなのだ。


自分が真剣に取り組んできたもの。
この世界で一生懸命に積み上げてきた物語。

たとえそれが壮絶な物語でなくとも。
ROという世界ではありきたりな、ごく普通の一幕だったとしても。

それはその人だけの物語で、他の誰もが代役を務めることができない。
たった一つしかない、大切なもの。たった一つしか存在し得ないもの。

『結果』を中心に物事を考えれば、『最適化』『最強』『効率』そんな言葉が常に周囲を取り巻いてしまうのかもしれない。GvGとか特に。組織戦は結果『も』非常に重要なのだし。

それはそれでひとつの価値を持つ大事なことではある。
先立つものがなければ何もできないし、夢も理想も実現できなければ空論に過ぎない。どこかで力は必要になる。

けど、そこに自分が真剣に取り組んできたものは、結果とは別に自分だけの価値、というものが生まれるのだと思う。
それはどれほど小さな石ころのようであったとしても、でこぼこしていたとしても、それはその人がその瞬間にしか作りえなかったものだから。

自分から求めた楽しいもの、その結果の価値を他者に依存しないもの。
なくなりつつあるものは、こういうことなのかもしれない。

汚れて汚れて、乾いてしまったとき。
たまには、心の引き出しの鍵を開けてみてください。
鍵をなくしても、誰かが語るその言葉が、きっと鍵になることでしょう。
そこに、忘れていたアルバムが、きっとあるはずです。
あなただけの永遠の輝きを持った、忘れえぬ物語が、きっとそこに。
[PR]
by silver-dream | 2005-09-07 02:09 | RO
<< またひとつ。 すっかり忘れてた >>