二次創作とは。

昨日東方のSS創作界隈のスレが荒れた。
原因はまぁ、アンソロジーと同じだったのだが。




正直いって原典に触れることなくする二次創作って、それは二次創作といえるのだろうか?
もっと言うと、それって楽しいのか?

とはいえ、少なくとも後者の問いについては至極簡単な答えを返せる。
同人で食ってる連中だっているんだから、売れればいい。だから流行のジャンルに乗っかって売れやすい内容の作品作って売ればいい。単純だね。
最近ではそう言う傾向も目立つ。それが悲しい。

荒れる原因となった出来事は2つ。

①『未プレイなんですよね』としか取れない発言。
②うちの知り合いの作家さんが、↑みたいな人には何もとがめるようなコメントはせず、ぽっと出の創作初心者さんに『創作なめんな』発言をしたこと。

②については、まあ…確かに筋通ってないようにも思えるけど、そう言う主観もあるんじゃないかということでもよさそうな。少なくとも作品を『作ること』自体に姿勢が足りてない人は、見過ごせないだろうし。でも、その姿勢さえできていれば、原典知らなくてもOKって人もいるかもしれない。

で、問題は①。
未プレイで二次創作できるのか? していいのか?
そう言うモラル的な部分について、考える。
それって原典馬鹿にしてないか?

最近では不特定匿名多数から生まれたそのキャラへの見方から派生した、いわゆる『三次創作』が多く見られる。こういう創作が多くなってくると危険な状態だと思われる。
『正直、原典は嫌いだけど』みたいな発言も平気で横行しているようだ。

初期の月型もそんな感じだった気がする。
武内パパの絵が苦手で、って敬遠していた人たちが多かったはず。

二次創作が活発になり、二次創作をベースにものを考えているケースが増えている。
たとえるなら、鏡に鏡を当てて、その中の虚像を映し出すようなもの。

人は己の姿を見ることはできない。鏡を使えば見れるだろうって?
では鏡に自分を写して右手をあげてごらんなさい。虚像があげるのは――左手、でしょう?
だから、それは自身の姿ではなく、虚像。

二次創作もそんなものだろうと私は思っている。
原典に鏡を当てた虚像が、その人が原典に対して生み出した姿。
だからそれは、鏡の当て方次第でいくつにも姿を変える。いくつもの虚像を写し出すことができるし、それは鏡の持ち主次第で万華鏡のように姿を変えるのだろう。

だが、虚像にさらに鏡を当てた『合わせ鏡』の中に写し出された虚像はどうなんだろう?
それを原典と比較したとき、原典の虚像だと、言い切れるのだろうか。
光が歪み屈折して、虚像の虚像がまことだとまかり通ったら……それは、とても危ないことだと思う。いつしか誰かが原典へ回帰しようとしても、その原典がどこにもなかったら……原典から写し出された虚像がどこにもなかったら……その界隈は、終わる。

今まで何度もそう言う危機があったようだ、東方界隈は。何気にCoolieができてから考えても実に3年にもなる。長く人気がありにぎわっている界隈だと思う。
その危機を何度も乗り越えてきたようだが……そろそろ、危ないんじゃないかな。そんな気がする。

まあ、そう言うことはさておいて。
イラストUP。東方紅魔郷より、紅 美鈴―チャイナドレスVer― ということで。
d0045974_23542185.jpg

[PR]
by silver-dream | 2005-11-15 23:56 | 東方
<< シャルード&ファビュラスラフィ... 難しいなぁ。 >>