海辺のカフカ読了

これまであまりにも活字に触れてこなかった自分を省みて、本を読むことにしたことは以前書いた。
で、選んだのは村上春樹の海辺のカフカ。うわさの村上春樹とはどんな作風なのだろうか、そう思いつつ読み進めた。




結論から言うと、内容自体は『よくわかんない』
いや、漠然とは把握できているし、張った伏線を全て回収しているのもわかる。だけれど、全てを語りきっていない。だからわからない部分が多すぎる。
関連サイトを見てみても結果は同じ。謎のままに終わっている部分が多い。

でも、なぜだか惹かれる作品であったと思う。
田村カフカとナカタさんの二人の視点から広がっていく物語は、非常に興味深かった。

おそらくはこういう手法もあるのだろうと思う。『それが何であったのか』ということは全て読者の推測に任せ、ただ点と点を線でつなぐだけ。はじめてみる作風で、なんとも不思議だった。

でもひとついえるのは村上春樹はぇろぃな。
と、思った(ぉ


今日は新しく本を買おうかと思ったけど、どうしようかと思って、やめた。
昔読んだ本を改めて読み直してみようと。

引っ張ってきたのは、冷静と情熱の間。
江国香織氏のあおい視点の作品は途中で読むのをやめた記憶がある。淡々としている感じの文章が苦手だったような、そんな風に思ったような。
でも、私は辻仁成の順正視点のほうは大好きだったりする。

辻仁成の作風はわかりやすいし読みやすい。だから好きだ。言い回しも小奇麗だしね。
前に「ミラクル」を買って読んだけれど、これもなかなか面白かった。前に日記に書いたかな?


人の精神的な豊かさは、触れてきたものの多さによるんだと思う。
それは経験とかももちろんのこと。
それを表現する豊かさは、やはりどれだけ多くの活字に触れてきただろうな、と思う。
高校~今に至るまで、ほとんど活字に触れてこなかった自分が悔やまれる。
[PR]
by silver-dream | 2005-11-21 23:02 | 雑記
<< イラストUP シャルード&ファビュラスラフィ... >>