返答をかねて。

今日はネトゲについて少し思うこと。
シールさんへのレスを兼ねてます。




結論から言うと……
私やシールさんとか、正直オンラインゲームの中でも「MMORPG」は向かないような気がする。

当たり前の話なんだけど、『誰にでもウケがいい』のが、商業として成功したことになるのだろう。が、それはつまり『弱い奴でもそれなりにやっていけるシステム』じゃなきゃいけないわけで。

ROは特にそうなんだけど、ダメな奴でもいくらでも救われちゃうからね。
それこそ、不正でもなんでもできるし。
システムからしてレベルとステ、装備とかでいくらでも『パイロットのダメっぷり』を補えちゃうからね。逆に言うと『パイロットの強さで差がつきにくい』と思う。
その分誰にでも親しみやすいシンプルなゲームだったから、未だなお国内最大シェアでいられるんだろうけど。

管理のひどさもあいまって、そろそろ終わりが近いんじゃないかな。
未だに残っている良い人たちも多いけど、一人また一人と消え行つつあると思う。
残るのが駄馬だけなら、いずれ崩壊するのが道理。


前も書いたと思うけれど、プレイヤーの強さがすなわちゲームでの強さに直結しやすいゲームがベストだと私は思う、が。
それが商業として成功するかは激しく謎。よっぽど波に乗れないと難しいと思う。
前に買った同人誌に興味深い言葉があったから引用すると。

『白星と黒星はどちらが多すぎてもいけない。それが長くうまく付き合っていくコツ』

当たり前の話だけれど、自分が負けてしまうような土俵には上がりたくない。
誰だって淘汰されうずもれていくのは嫌だし。それなりの結果を出したい。
ROはそれをしやすかったからね。


現状ではおそらくマビかリネのどちらかが↑の条件を満たしているのではないかな、と思うけれど、個人的な理想からは少し遠いかなぁ。
やっぱりROのよさでもあったけれど、『ソロでもいける』っていうのがね。

孤高の『自分だけの強さ』を求めた奴が多かったわなぁ……w
兄さんとか、オサとか、シール㌧とか、りりさんとか……

個人的には、やはりアクション的な要素を増やしていくのが、パイロット性能による強さの格差を明確に分けるポイントだろうと思う。聖剣みたいなシステムに、もうちょっと手を加えてアクションRPGっぽくしたものができたらいいなぁとは思うんだけれど。
ある程度萌え要素とか、ド派手な魔法とか超必殺技とか、人が心を惹かれる演出とか、そういうものにこだわって、そう言う部分で人を引き込んでいけば、のめりこんで強くなろう、ってがんばっていけると思うんだけどね……

ただ、あと少しで同人ゲーでもオンライン対戦ができそうなんだよねぇ。前も述べたけど。
東方萃夢想がオンライン化されたら間違いなくこれ中心になるだろうなぁw
[PR]
by silver-dream | 2005-12-10 00:20 | 雑記
<< 東方の音楽に関して。 あなたは賛成? 反対? >>