裏話。

さて、東方創想話に新作『月に酒を、貴女に想いを』を投稿してきました。
なので今日の記事は東方のカテゴリになりそうなところですが、ROの要素も含むので雑記にしておきます。
この作品、できた裏側にはこんなお話がありました。





このお話は某藍ちゃんの偉い人にそそのかされて藍攻め紫受けとか意味わからない構成でお話を作れ~ということで1時間ほどで最初の第一稿を書き上げたのですが。
その数時間前にはこんなことがありました。


ROで臨公広場を大体1週間も観察すればどういう人がいるのかは大体覚えられます。
その中で気になっていたのが、98Lvの銀髪のWIZさん。
……ええ、女性の方でしたが何か。

ひとつには、私のキャラがWIZともペアを組める、ということを証明できるかどうか試したかった。
そういうのがあって入っていったんですね。
時間は夜更け。募集してもなかなか人の来ない時間。


で、そのとき言われたのが『私のことを、ちゃんと守ってくれますか?』


いや、RO歴3年半、1年間に引退があるとはいえ、臨公でこの台詞を言われたのは初めてだったわ……w
まあそりゃぁ、98LvのWIZが、殴りプリに入ってこられたら、そりゃ警戒するわな。
一応私としては罠師と監獄ペア古城2ペア、あるいはジプシーと騎士団ペアをこなして実績を出しているだけに、WIZなら逆にうまくいけるという自信があったにはあったのですが。
そりゃそうだ、SGは攻撃的な色彩よりも、どちらかといえば防御的な色彩のほうが強い。
もっとも、リセットかフルパワーかは、WIZ側としてはいつも迷うところだけれど。


そんないきさつがあったせいか、狩中ずっと執事ロールプレイでしたよ!
例えば『いかがなさいましたかお嬢様』『お荷物をお持ちいたしましょうお嬢様』とかナチュラルに言ってました、ええw
そーゆー台詞がデフォで出てくるのが私w
で、相手のほうも私のことを気に入ったのか(まぁ腐っても一応本職WIZだからねぇ)、自分の限界時間まで延長してがんばってたのです。
具体的には朝の4時までw 拾ったのが日付変わって30分ぐらいしてからかな?
間に休憩挟んだりしてたので実に3時間以上狩してましたw
ちなみに時給は1.5M。1.5倍期間なので1Mペースでしたね。
とても穏やかな話し方をして好感の持てる方だったけれど、そろそろオーラ出してる頃かな。
旦那様のプリと一緒に転生するとか言ってたなぁ。


と、そういういきさつがあったわけです。
なのでこの作品の藍ちゃんは何かものすごくそのときの私の精神状態を引き継いで執事モード全開だったような気がするw
まあ執筆中に意識したのはヅカキャラなんですけどもね。
その辺の話をしたらとある人に『さぁ銀さん執事藍旋風を巻き起こすんだ!』といわれましたが、そりゃぁ無理だよ旦那w

しかし書き上げて思ったのは、やはり藍攻め紫受けは難しい。
キャラの本質を見失わずそれをネタとして成立させるのは……
なのでこの作品も結局こういう内容になってしまいましたしねぇ。
やはり藍攻め紫受けは某けしかけた人の専売特許のような気がするなぁ。
[PR]
by silver-dream | 2006-09-22 19:19 | 雑記
<< 御託はいらない。 当たり前のようなことは夢や幻に... >>