燃料って何だろう。

そこ、ガソリンとかガスとか板晒しageとか言わない。
今日のネタは、人が心を燃え上がらせる、その燃料とは何だろうということを。




…まあ、今日は予備校の模擬試験があってずたぼろになったわけですが(==;;;
無理サボシ…しかも俺ヒヨってたし(;´Д`)何取締役の就任年月日読み間違えてんだ俺…

そんなこんなで5時間以上に及ぶ(休憩含めると7時間近く)模擬試験の後、憂さ晴らしに秋葉へ。ちょっとギルティギアやって狩を━━

されたよ、この俺が(;´Д`)何これ今日すごい廃レベルじゃn…

しかしギルティギアってどう考えてもクソゲーのはずなのにものすごい人気で、イグゼクスから青リロにいたるまで実に3年、ゼクスからだとかれこれ5年近くゲーセンで看板になってる作品なんだよねぇ…
絶対スレイヤーとかエディとかミリアとかクソキャラなのにそれでも続いてる。その理由はなんだろうと考えてみる。

まず思い当たるのはお手軽な操作性。奥は恐ろしく深いが適当にボタン連打したりレバー動かしてるだけでも結構楽しめる。だから初心者も入りやすいゲームであるといえばそうなんだよねぇ。
次に1コンボの爽快感。私の愛用キャラであるテスタメントもそうだけど、ループコンボをはじめ多くのキャラが一撃必殺のコンボを持つ。それがガードゲージシステム(相手の攻撃をガードし続けるとこのゲージが上がり、コンボによるダメージ補正が小さくなる)と相まった日には一気に8割ぐらいライフゲージが持っていかれることもしばしば。

やっぱり、特に後者の爽快感が大きいんじゃないかなーと思う。
正確には、それによる『理不尽さ』であろう。

考えてみてほしい。
たとえば、相手のHPを、後小さなコンボを1つ当てるだけで勝てそうなぐらい削り、自分のHPはまだ8割ぐらい残っている状況で、ほんの些細な事故から逆転負けをしてしまった、とか。

ギルティギアではこれが割と日常茶飯事なのだ。
私もキャラの性質上、どんな状況からでも起死回生の逆転劇を演じることができ、そう言う場面も多く、また経験してきた。が、そう言う逆転劇をされたことももちろん多いわけで。
…そう言うときにさ、思うんだよ。『このクソゲー('A`』ってね…
昔はともかく今は、そう言う逆転劇があると、特に当事者ならなおさら、このゲーム理不尽だよなぁと思うわけで。それによって勝利しても敗北してもね。でもそう言う理不尽な事故がおきうるから恐ろしいわけで、そしてだから相手の止めを刺すまで勝ちじゃないわけで、だから勝負に気が抜けないわけで。

そして、そう言う想いが積み重なって、燃料になってるんじゃないかなー、と思います。


さて、これを読んだROプレイヤーの方々は、これに近い職を思い浮かべませんか?
━━そう、ウィザードです。
WIZは特にこの『理不尽さ』に当てはまると思います。RO自体も割りと理不尽なところが多いけど、WIZは特にねー…
たとえば、時計塔の回転寿司で。10匹近いアラーム+αがいるとしても、腕が立ちちょっと装備のあるWIZなら、『うはwwwwwwwwwwwウマー(゚Д゚)』といいながら瞬殺してしまえるわけで。アサシンやハンターのソロなどでは考えられませんね。
でも、いくら90Lvを超えていたってWIZにはラグをはじめとする致命的な弱点があるわけで。
ラグ死だ横湧きだなんだで90↑のWIZがあっさり死ぬなんて場面は珍しくないですね、はい。逆に、騎士だアサだハンターだって職の場合、ちょっとやそっとの事故じゃ死んだりはしないと思います。場合によっては逃げおおせることもできるだろうし。

こういうプラス面での理不尽さと、マイナス面での理不尽さを双方兼ね備えているのがWIZという職なのだと思います。だからやめられないんだw

私がずっとWIZを続けてきた理由━━もちろんWIZが好きだから。そして、大切なものを守れる力があるから。
そして、その業次第で奇跡を起こせる、ある意味では理不尽な、そう言う強さを内に秘めているからこそ、ずっと続けてきたんだと思う。
だからこそ、その奇跡を『偶然』ではなく『必然』にできる強さを求めて、私は強さを求め続けた。大切なもの、いざって時に守れないようじゃどうしようもないしね。
…かつて眠り姫を6時間守り通したときは、その弱さにさいなまれたもので(苦笑
今は、ほんと仕様変更さえなければほとんどの敵に負ける気がしなかったですね。私のIWで捕らえられない敵はいなかったし。

さて、何を言いたいんだかわからなくなってきたところで眠くなってきたので寝ます。
おやすみ~
[PR]
by silver-dream | 2005-06-05 21:31 | 雑記
<< 思い悩むところ。 第10回定例雷鳥祭り >>